レンタルドレスを返却するときの注意点

レンタルドレスを返却するときの注意点 レンタルドレスを利用したら、必ず返却する義務があります。しかし、初めて利用するときにはどのように返却すればよいのか迷ってしまうこともあるでしょう。店頭で受け取った場合には、事前に返却方法を詳しく説明してもらえるので、迷うことはないでしょうが、インターネットで申し込みをした場合には文面での説明になります。そのため、よく理解できない場合や忘れてしまう場合もないとは言えないので、返却方法を簡単に説明させていただきます。

実店舗の場合には、直接店まで持って行って返却することもできますし、面倒であれば配送することもできます。インターネットでの利用の場合には、配送するようになるのが一般的です。ここで注意点があるのですが、返却日に指定されている日をオーバーした場合には、延滞料が必要になる場合が多いので注意しましょう。万が一汚してしまった場合などは、自分で勝手にクリーニングに出すようなことは絶対にしてはいけません。

汚してしまった場合には、そのままの状態で返却するのがルールです。破いてしまった場合なども同様なのですが、レンタルドレスの状態によっては追加で料金を取られることもあるでしょう。このようなことがないように、十分注意して使うことが求められます。

最新ニュース